HAPPY BIRTHDAY ♡MAMA♡

今日は母の誕生日♡

92歳になりました♡

元気で迎えることができたのは、一重に皆様のおかげです♡

ホームの皆様が部屋を飾りつけしてくださり、テーブルセッティングもして、迎えてくださいました♡



感謝の気持ちが溢れましたら♡

母の大好きなケーキ屋さんで、可愛いプリンを買っていきました♡

スタッフの方が紅茶を淹れてくださり、ゆっくりと二人で過ごしました♡


施設の皆様からは、折り鶴のタオルハンカチと、母に似てると可愛いこけしをプレゼントしてくださいました♡

私からは、夏用の帽子とカットソー♡


心のこもったおもてなしに涙…♡

ずっと長く元気でいてね♡

資格試験♪


テキストが届きました!

まずは、第一歩!

資格試験まで、あと1ヶ月半!

ゴールデンウィークは読書と勉強がんばる〜♡

介助士が取れたら次に進みます(^^)

とりたい資格がまだまだあります♪

このようなチャンスを与えてくださる、ボスと職場に感謝です♡

「認知症になった私が伝えたいこと」佐藤雅彦著

【すべての人へ】
認知症になりたくてなる人はいません。

認知症になって、自分の生活、

そして人生が大きく変わりました。

認知症になることは残念なことですが、

けっして不幸なことではありません。

認知症になったら、

できなくなることも多いですが、

できることもたくさんあります。

本人は、何も考えられない人ではなく、

豊かな精神活動を営むことができる人です。

本人は、医療や介護の対象だけの存在ではなく、

どんなときでもかけがえのない自分の人生を

生きていける主人公です。

本人は、自分のやりたいことや、自分のできる仕事、

ボランティアなどをつうじて世の中に貢献できる

社会の一員です。

認知症の人たちは、社会の「お荷物」的な存在ではなく、

老いたり、生活が不自由になったりしても、

だれもが自分らしく堂々と暮らしていける新しい世の中を、

身をもってつくりだしている人たちです。

いま、認知症とともに生きている多くの人たち、

そして、これから認知症になるかもしれない無数の人たちが、

認知症になっても幸せに暮らせる社会を、

一緒につくっていこうではありませんか。

人間の価値は、「これができる」「あれができる」という

有用性で決定させるのではありません。

何もできなくても、尊い存在なのです。

私は、これからも広く、

認知症の人はこういうふうに考えているのだということを、

社会に向けて訴えていきたいと思います。
「認知症になった私が伝えたいこと」佐藤雅彦著より抜粋

月がとっても綺麗だから…♪

これは三年前に書いたブログ・・・

この一か月後に、母は脳梗塞になりました・・・
早期発見で大事には至らず、今も施設で元気で過ごしているけれど・・・

ここでひとつ重要なことは、
「まだ認知症ではないと思うけど・・・」と私が書いていること・・・
これを書いた三か月前くらいからこういう症状はでていました・・・

今思えば、もっと早く異変に気付き、あんしんすこやかセンターに相談するなり、病院に連れていくなりすれば、母は「認知症」ではなく高齢による「物忘れ」くらいで今も自宅で一緒に暮らせていたのかも・・・と思うことがあります。

母の認知症は「脳梗塞」によるもので、「脳疾患系型認知症」ですから、認知症のお薬を飲むことも今はなく(脳疾患系と尿路感染を防ぐお薬のみ)、短期記憶が失われているくらいで元気にしていますが、転びやすくなっていたり、家事もできなくなり、徘徊とかはなくとも、私が仕事している時などの一人での生活はもうできないのです・・・

親のことって、一番近くにいながら、「うちの親に限って」みたいな気持ちもあり、認知症や高齢者に多い病気などに気づかないことがあります。

今の仕事でも、完全に認知症がすすんでいるのに家族が認めなかったり、一人での生活は危険がともなうのに家族が大丈夫だということが多々あります。

自分の親(家族)の変化に是非!敏感になってください!
そうすれば少しでも認知症や病気を悪化させずに済ませることもできますし、
医療や介護の専門家に相談することで、よりよい生活のケアプランをたてていただくことができます。

ちょっとでも「おかしいな?」と思ったら、年齢のせいとだけ思わずに、専門の方に是非相談してくださいね(^▽^)/

cabirialuna

20140712-224346-81826832.jpg

最近のこと…書こうかな…

先月半ばに辞令がでて、老舗の直営一号店の店長で行くことになり、十年間担当した横浜のお客様へのご挨拶などでバタバタな日々…

後任は、元々一緒に横浜で仕事していたスタッフが受け継いでくれることになり、ホッとしています。

そんな中…
母が食事を自ら用意しなくなり、(もうこの数年、作ることはしないので、冷蔵庫に作ったり、買ってきたりしたお惣菜を入れておくと、自分で用意して食べてました。)朝ごはん食べさせて、テーブルにパンとかおにぎりとかお菓子とか麦茶とか置いて仕事に行って、早く帰れる時は帰ってから晩ご飯作って…の毎日…
友達と会うときは、一度帰宅して、ご飯用意して、母が食べてから片付けて出かける感じ…
朝、早く出る時は、朝ごはん用意して、「ゆっくり食べてね」と言って出かけるのだけど、そうすると、洗い物はしなくても、食器を流しに置いて、お惣菜は冷蔵庫にしまってくれていたのに、一昨日は、仕事から戻ったら、朝食べたままに…(−_−;)
会話は私とは変わりなく普通にしてるし、レモンちゃんには話しかけたりするけれど、親戚の姉や母の友達が訪ねて来てくれても率先して話もしない感じ…
まだ認知症ではないと思うけれど、徐々にはキテるかも…
次のお休みが取れたら、区役所に相談に行ってこようと思います。

直営店に行けば、時間もキッチリ決まっているし、ホテルのアーケードなので、閉店時間も早めなので、本当に良いタイミングな転勤だと思います。
ボスや上司に感謝です!

そんなこんなな毎日だけど、なんだか楽しくやってます♪
レモンちゃんからも、いっぱい癒されてる♡

母がまだまだ元気でいてくれることを、満月様にも祈りました♡

今は一番に母のことを優先していきたい!
勿論!仕事と友達もすっごく大事!

みんな、理解してくれて、私を明るく励ましてくれることに、心から感謝しています♡

これからも、末永く宜しくね〜♡

元の投稿を表示

本当の気持ち♪


ここ最近…
なんだか、とっても自由に生きてる…

今まで、色んな仕事をしてきたけど、今の仕事に誇りをもっていられるのは、周りのおかげ…

そんな毎日が、とても充実している…

ただ…

最近、心の声が言葉に出てしまう…

言わない方が良かったかな…

心の中に留めていた方が良かったかな…

とも思うけど、出てしまうのだから仕方ない…

そんなことも、今…近くにいてくださる人たちは、それで良いのだと言ってくれる…
でも、大切な友達を傷つけてしまうこともあるのでは…と…

今まで半世紀以上生きてきて、一番自分らしく居られている気がする…

こんな感情的で我儘な、私を、受け入れ愛して下さる人たちがいる…

そして、深い信頼が生まれ、家族のような付き合いができたり…

ありがとうございます♡

でも、今の自分…嫌いじゃないかも(^^)

あっ!言ってしまった!失敗!って一瞬思うけど、なんだかスッキリもしているの…

これが私なんだね…

最近のあれこれ♪


まず先週は、毎月参加している「ケアカフェようが」のメンバーが立ち上げた「ケアカフェのぼりと」に参加!
素敵な方々との出会いがあり、とても楽しく勉強になりました(^^)


週末にかけて、看護小規模多機能の内覧会&ミニセミナーに参加したり、

土曜日は今、一番興味があるユマニチュードの日本支部の本田先生の講演会へ!
http://igmj.org/

その後、久しぶりに会う友人と押上で食事(^^)

ユマニチュードの講演会場の近くと捜して下さったお店(^^)
http://www.zo-h15.com/sp/index.html

ご予約のお電話ありがとうございます!と女将さんから渡された封筒には10円玉が!

素敵なおもてなしに感動!

お料理も全て美味しく、大満足!
また、行きたいお店です!

日曜日は今や家族のような妹分が娘と上京していたので、東京駅でランチ!
泡から始まりワインもね!

新幹線の時間ギリギリまで語り合いました(^^)

帰宅すると、ご近所さんが筍を持ってきてくださいました!

毎年頂くのだけど、茹でて下さっているので、調理も楽です(^^)

さっそく若竹煮に!
最近ハマっている、しじみ汁で煮ました(^^)

早めから晩酌スタート!
まったりと休日を楽しみました(^^)

今日は、職場の近くにオープンした、身体に優しい定食屋さんで仕事仲間とランチ♡
http://chitofunagohangen.wixsite.com/mysite

五種類のお惣菜、酵素玄米、お味噌汁で1200円♪

本当!美味しい!

二人で行ったら、別々のお惣菜を出してくださいました♡

 

職場の近くの喫茶店の看板猫ちゃんにも、久しぶりに会えた♡

冬は寒いので、店内で過ごしていたのです♡

暖かくなると、行動的になるかも!

これからも、セミナーやら、イベントやら、目白押しです(^^;;
ゴールデンウィークは少しのんびりしよう(^^)